Kwasan and Hida Observatories, Graduate School of Schience, Kyoto University English Home page

京都大学 大学院理学研究科附属天文台は、花山天文台と飛騨天文台から構成 されています。

飛騨天文台は昭和43年(1968年)に中部山岳地帯に設立され、北アルプスの山々 を背景として、青く澄んだ静穏な大空の下、世界第一級の高分解能を持つドームレス太陽望遠鏡65cm屈折望遠鏡などを用いて観測の最 前線に立ち、次々と新しい研究成果を挙げています。また、80年の歴史を持つ 花山天文台は、現在太陽観測とデータ解析及び理論数値シミュレーション研究 を中心として、大学院学生と学部学生の教育実習施設の役割を担っています。 両天文台は車の両輪となって、太陽及び宇宙プラズマ活動現象を中心とした天 文学ならびに宇宙環境科学の先端的教育研究を推進しています。

また、両天文台の施設は他大学の学生や高校生の観測実習にも用いられており、 教育関係者の研修をはじめ、様々なグループの見学も受け入れています。宇宙 の更なる理解に向けて、今後共より一層社会の期待に応えて行きたいと考えて います。