Kwasan and Hida Observatories, Graduate School of Schience, Kyoto University English Home page

ドームレス太陽望遠鏡 (DST) 共同利用委員会

飛騨天文台ドームレス太陽望遠鏡(DST)の共同利用観測課題は、DST 共同利用委員会によって決定されます。1年ごと(4-7, 9-12月)に公募が 行われ、採否、日数配分を決定します。

DST共同利用委員会は、京都大学理学研究科附属天文台運営協議会の下に 設置された委員会です。DST共同利用委員会メンバーは、内部委員3名と 外部委員3名から構成され、現在の委員は以下の通りです。

  一本潔   (京都大学):委員長
  上野悟   (京都大学):幹事
  永田伸一  (京都大学)
  花岡庸一郎 (国立天文台)
  末松芳法  (国立天文台)
  野澤恵   (茨城大学)
  (任期: 2015年4月~2017年3月)

外部委員については通常は2年の任期とし、再任も可能とします。 外部委員の改選は太陽研究者連絡会の推薦をもっておこないます。
内部委員は附属天文台長が指名します。