IDL Virtual Machineについて

IDLgrWindow


Objectを表示するためのウインドウを作る。
ex.)

IDL> owindow = obj_new('IDLgrWindow')
IDL> obj_destroy, owindow

IDLgrView


表示させる3次元空間を定義する。
ex.)

IDL> oview = obj_new('IDLgrView', viewplane_rect=[-1,-1,2,2], zclip=[1,-1])

とすると、-1< x < 1, -1 < y < 1, -1< z < 1の空間を表示できるようになる。

IDLgrModel


ポリゴン等の親になるobject.
ex.)

IDL> omodel = obj_new('IDLgrMODEL')

IDLgrPolygon

ポリゴンを作成する。
ex.)

IDL> opolygon = obj_new('IDLgrPolygon', data=[[0,0,0],[0,1,0],[1,0,0]], style = 1)

で作成。この例では(x,y,z)=(0,0,0),(0,1,0),(1,0,0)を頂点とする三角形が作られる。

xobjview

既存のobject viewer。model objectを可視化することができる。
拡大縮小、回転、平行移動が可能
ex.)

IDL> omodel = obj_new('IDLgrMODEL')
IDL> opolygon=obj_new('IDLgrPolygon', data=[[0,0,0],[0,1,0],[1,0,0]], style = 1)
IDL> omodel->add, opolygon
IDL> xobjview, omodel