せいめい望遠鏡「はやぶさ2帰還カプセル」を捉える

2020年12月5日18時10分ごろ(日本時)、京都大学岡山天文台のせいめい望遠鏡は小惑星探査機「はやぶさ2帰還カプセル」の撮影に成功しました。
「はやぶさ2」が「帰還カプセル」から離れていく様子がわかります。

撮影時刻 18:10 露出時間 300秒 カプセルの動きに合わせて望遠鏡を動かしています。視野 11’x6’
画像上が天の北極方向  クレジット:京都大学岡山天文台
アニメーション動画 撮影時刻 18:04-19:30 17フレーム 各フレーム露出時間 300秒 カプセルの動きに合わせて望遠鏡を動かしています。
視野 11’x6’  画像上が天の北極方向  クレジット:京都大学岡山天文台
アニメーション動画 撮影時刻 19:47-21:33 21フレーム 各フレーム露出時間 300秒 カプセルの動きに合わせて望遠鏡を動かしています。
視野 11’x6’  画像上が天の北極方向  クレジット:京都大学岡山天文台
アニメーション動画 撮影時刻 21:43-22:54 14フレーム 各フレーム露出時間 300秒 カプセルの動きに合わせて望遠鏡を動かしています。
視野 11’x6’  画像上が天の北極方向  クレジット:京都大学岡山天文台

「はやぶさ2帰還カプセル」 星の間をカプセルが移動します。

撮影時刻 2020.12.05 24:30-25:10 5エリア撮影 各エリア露出時間 200秒 画像上が天の北極方向  視野 11’x6’

今回の観測は「おかえりはやぶさ2観測キャンペーン」(主催:JAXAはやぶさ2プロジェクト、日本惑星協会、日本公開天文台協会)の一環としておこなっています。観測に必要な「はやぶさ2」「帰還カプセル」の位置情報は「おかえりはやぶさ2観測キャンペーン」より提供を受けています。