202210 和文お便りLtE Now

9月の和文LtE

最新のemailが上に來ています。


・・・ 木星 20221004 akutsu

発信:6 October 2022, 08:58 JST

 

木星画像 J2022-10-04


セブ島からのルーチン画像です。UVは撮れませんでした。

CH4画像では南北領域の白斑はメタンブライト、明るく見えます。南側の連鎖白斑が明るく見えるとは分かりませんでした。

 

阿久津 富夫 (セブ、フィリピン)

 

 

・・・ 木星 20221003 akutsu

発信:5 October 2022, 22:06 JST

 

木星画像 J2022-10-03


セブ島からのルーチン画像です。

 

阿久津 富夫 (セブ、フィリピン)

 

 

・・・ 火星 20221003 akutsu

発信:5 October 2022, 22:01 JST

 

セブ観測所の阿久津です。

火星 20221003 を送ります。 

https://www.kwasan.kyoto-u.ac.jp/~cmo/cmons/2022/221003/Ak03Oct22.png

 

阿久津 富夫 (セブ、フィリピン)

 

 

・・・ 火星 M221003 ishibashi

発信:4 October 2022, 21:58 JST

 

相模原、石橋です。

HELLASからAUSONIAにかけて黄雲があるようです。

B370画像は、少しコントラストが付くようにトーンカーブで調整しました。

北極に雲が有ります。

 https://www.kwasan.kyoto-u.ac.jp/~cmo/cmons/2022/221003/Is03Oct22.png

 

石橋 力 (相模原市、神奈川県)

 

 

・・・ Mars 2022/10/01-Kumamori

発信:4 October 2022, 16:51 JST

 

1001日分火星です。
 
 この夜も火星時間だけ雲がやって来ました。
  そしてこの雲は昨夜よりシーイングが悪く、厳しい写りになりました。

 https://www.kwasan.kyoto-u.ac.jp/~cmo/cmons/2022/221001/Km01Oct22.png

 

 よろしくお願いいたします。

 

熊森 照明 (堺市、大阪府)



・・・ Mars 2022/09/30-Kumamori

発信:3 October 2022, 23:17 JST

 

930日分火星です。
 
 夜半まで良く晴れていたのに火星時間はほぼ曇ってしまいました。
  雲の隙間から無理して撮影しましたので写りはばらばらです。

 https://www.kwasan.kyoto-u.ac.jp/~cmo/cmons/2022/220930/Km30Sept22.png

 

 よろしくお願いいたします。

 

熊森 照明 (堺市、大阪府)



・・・ 木星 20221001 akutsu

発信:3 October 2022, 10:41 JST

 

セブ観測所の阿久津です。

木星画像 J2022-10-01

 

 

阿久津 富夫 (セブ、フィリピン)

 

 

・・・ 土星 2022929 akutsu

発信:3 October 2022, 10:40 JST

 

セブ観測所の阿久津です。

土星 20220929 を送ります。 少しずつ、惑星の撮像、処理に慣れてきました。

 


 

阿久津 富夫 (セブ、フィリピン)

 

 

・・・ 火星 20221001 akutsu

発信:3 October 2022, 10:37 JST

 

セブ観測所の阿久津です。

火星 20221001 を送ります。 全体にダストが残っています。

 https://www.kwasan.kyoto-u.ac.jp/~cmo/cmons/2022/221001/Ak01Oct22.png

 

阿久津 富夫 (セブ、フィリピン)

 

 

・・・ 火星 M221001 ishibashi

発信:2 October 2022, 08:47 JST

 

相模原、石橋です。

黄雲は、HELLASからAUSONIAに広がり、さらに南にも広がっているようです。

サバ人の湾は根元も黄雲に隠れたのか、ハッキリしません。

 https://www.kwasan.kyoto-u.ac.jp/~cmo/cmons/2022/221001/Is01Oct22.png

 

石橋 力 (相模原市、神奈川県)

 

 

・・・ 火星 M220930 ishibashi

発信:1 October 2022, 14:06 JST

 

相模原、石橋です。

1回目は、低空でしたが黄雲の左端はどの辺か、気になり撮りました。

2回目は、雲が出て来て、曇られる前にと思って撮りました。最後の駒は雲の中でゲイン調節しながらの撮像になりました。

SYRTIS MAJORからIAPYGIAMARE CIMMERIUMにかけては、普通に模様が見える気がしますが、DEUCALIONIS REGIOの左の所に明るい黄雲がある様で、そこから右下に流れ、SINUS SABAEUSの左側をのぞいて明るくなっているようです。

また、そこからNOACHISへも流れているようです。

 https://www.kwasan.kyoto-u.ac.jp/~cmo/cmons/2022/220930/Is30Sept22.png

 

石橋 力 (相模原市、神奈川県)

 


日本語版ファサードに戻る/『火星通信』シリーズ3の頁に戻る