19

th Report:

2003年十一月後半(16 Nov~30 Nov)の火星面觀測

The CMO/OAA Observations made during the fortnight period from

16 November 2003 (299°Ls) to 30 November 2003 (308°Ls)


18th Reportを参照するにはここをクリック


An OAA Mars Section article to be published in CMO #284 (10 December 2003 issue)


  (Masatsugu MINAMI, Director of the OAA Mars Section)


・・・・・・今回のレヴューの範囲は2003年十一月後半16 Nov 2003 (λ=299°Ls)から30 Nov 2003 (λ=308°Ls)迄で、季節は1973年の大黄雲の發生時期を挟んでいる。また南極冠のサイズが極小値に入る。φ25°Sから26°Sで南半球が目一杯こちらを向いてきた。但し視直徑δ12.8"から11.2"と可成り落ちてきた。位相角ι41°から42°へ進んだが、今回は十二月中旬に最大になるがそれでも42.3"であるから、もう極限と考えて好い。

 

♂・・・・・・今回の觀測者は次の通りである。

    

AKUTSU, Tomio 阿久津 富夫 (Ak) 栃木・烏山 Karasuyama, Tochigi, Japan

            8 Sets of  CCD Images (+1 IR image)(18, 19, 23, 26 November 2003)

                                     f/33×32cm spec with a Bitran BJ-41L

    

BENAVIDES, Rafael ラファエル・ベナビーデス (RBn) 科爾多瓦 Córdova, España

            2 CCD Images (19, 25 November 2003)  24cm SCT with a ToUcam

    

IWASAKI, Tohru   (Iw) 小倉 KitaKyushu, Fukuoka, Japan

       16 Drawings (16, 17, 23, ~25 November 2003)   400×21cm speculum

    

FRASSATI, Mario マリオ・フラッサチ (MFr) 義大利 Crescentino (VC), Italia

            1 Drawing (17 November 2003)    250×20cm SCT

    

KARRER, Michael ミヒァエル・カッレル (MKr) 奧地利 St Radegund, Österreich

            1 CCD Image (20 November 2003)

                              f/35×18cm Meade Refraktor with a ToUcam

     

KUMAMORI, Teruaki 熊森 照明 (Km)   Sakai, Osaka, Japan 

            6 CCD Images (18#, 21, 23, 26# November 2003)

                     f/84×20cm Dall-Kirkham & f/40×60cm Cass# with a ToUcam

                                                #ソフィア堺天文臺 Sakai City Observatory

    

MELILLO, Frank J  フランク・メリッロ (FMl)  紐約 Holtsville, NY, USA

           4 Red CCD Images (16, 22, 26 November 2003) 

                                   20cm SCT with a Starlight Xpress MX5

    

MINAMI, Masatsugu 南 政 (Mn)  福井 Fukui, Fukui, Japan

           31 Drawings (17, 18, 23, 26November 2003)

                              480, 400, 340×20cm F/12 ED Goto refractor

                福井市自然史博物館屋上天文臺 Fukui City Observatory, Fukui

    

MORITA, Yukio 森田 行雄 (Mo)  廿日市 Hatsuka-ichi, Hiroshima, Japan

           15 Sets of  CCD Images (+1 B +2 R Images)

(16, ~18, 21, ~24, 30 November 2003)

                                   f/50×25cm spec equipped with an ST-5C

    

MURAKAMI, Masami 村上 昌己 (Mk)  横濱 Yokohama, Kanagawa, Japan

      11 Drawings (16, 17, 21, 26 November 2003) 320, 400×20cm speculum

    

NAKAJIMA, Takashi   (Nj)  福井 Fukui, Fukui, Japan

            4 Drawings (17 November 2003)   480, 400×20cm F/12 ED Goto refractor

                             福井市自然史博物館屋上天文臺 Fukui City Observatory, Fukui

    

NARITA, Hiroshi   (Nr)  川崎 Kawasaki, Kanagawa, Japan

            4 Drawings (21, 26 November 2003)  400×20cm refractor

    

PARKER, Donald C ドン・パーカー (DPk)  佛羅里達 Miami, FL, USA

            8 Sets of CCD Images (+2 R Images)  (18, 22, 25 November 2003)

                     f/55, 59×41cm F/6 spec equipped with an ST-9XE

    

PEACH, Damian A デミアン・ピーチ (DPc)  Loudwater, Buckinghamshire, UK

            1 Sets of CCD Images (26 November 2003) 

                               f/31×28cm SCT with a ToUcam

  

PELLIER, Christophe クリストフ・ペリエ (CPl) 法國 Bruz, Ille-et-Vilaine, France

            1 Sets of CCD Images (+ 1 B Image)(16 November 2003)

                      18cm spec with a modified B&W ToUcam Pro

    

ROEL SCHREURS, Eric エリック・ロエル (ERl)  墨西哥 Mexico

            1 CCD Image (22 November 2003)

 f/50×25cm TEC Mak/MX70 with a ToUcam

    

SIEGEL, Elisabeth エリサベト・シーゲル (ESg)  丹麥 Malling, Danmark

            4 Drawings (17, 19, 24, 28 November 2003)  270×20cm F/10 SCT

    

TATUM, Randy  ランディ・テータム (RTm)  Richmond, VA, USA

            1 CCD Image (22 November 2003)   f/12×25 cm spec with a ToUcam

    

TEICHERT, Gérard ジェラール・タイシェルト (GTc)  法國 Hattstatt, France

            4 Drawings (18, 20, 21, 26 November 2003)      330×28cm SCT

  

VALIMBERTI, Maurice P モーリス・ヴァリムベルティ(MVl) 墨爾本 Melbourne, Australia

            2 CCD Images (24, 26 November 2003)

 f/41×35cm SCT with a ToUcam Pro

  

Van Der VELDEN, Erwin アーウィン・ヴァン・デア・ヴェルデン(EVl)

                                        澳大利亞 Brisbane, Australia

            4 CCD Images (19, 20, 23, 29 November 2003)

                           f/31×20cm SCT with a Vesta Pro modified

    

WARELL, Johan  ヨハン・ヴァレッル (JWr)  亞利桑那 Tcuson, AZ, USA

       6 Sets of CCD Images (16, 18, 19, 21, 27 November 2003) 

                                     f/24×25cm SCT with a ToUcam

 

・・・・・・ソリス・ラクス周邊の朝霧:期間初め、日本からソリス・ラクスの朝方が眺められ、附随して周邊の朝霧の様子が面白く見られた。17Nov(λ=300°Ls)には筆者達(Mn&Nj)は眼視で日没前の7:10GMTω=046°W)から觀測を開始しているが、ccd像でこの圖柄が現れるのは數日後になるが、ccdでは斑の様子が好く出る。尚、この日のccd像のB光はMo氏のω=116°W(11:46)127°Wで寧ろアマゾニス地方の白雲を出している。18Nov(λ=301°Ls)にはKm氏がω=061°WAk氏がω=078°W088°W103°WMo氏がω=100°W105°Wで撮っている。Ak氏のB光でのタルシスに注意する。19Nov(λ=301°Ls)にはEVl氏のω=054°WAk氏のω=062°W074°WB光がある。20Nov(λ=302°Ls)にはEVl氏のω=048°W21 Nov (λ=303°Ls)にはKm氏のω=072°WMo氏のω=074°Wがある。Mo氏は續けて22 Nov (λ=303°Ls)ω=072°W23 Nov (λ=304°Ls) ω=069°Wの影像がある。21Novのソリス・ラクス南西の朝霧は顕著である。圖にはω=070°W邊りでの像を集めた。

 

シーゲルさんの光斑ESgさんが19 Nov (λ=301°Ls)ω=183°W28 Nov (λ=306°Ls) ω=075°Wの二回、違う部位で同じ様な興味深い現象を觀測している。どちらも光斑の検出だが、19Novには朝方のエリュシウム邊りと思われるところに、大きさは南極冠より稍小さく、恒星状というには大きすぎ、圓形に見えたというものである。Wr47(蒼菫色)のみで見えている。白色系で、Wr47では色は南極冠とに似ている。この現象は非常に際立っていたらしく、もっと文學的表現(ESgさんは劇作などがあると思う)LtEを參照されたい。三十分以上ω=194°Wまで追っている。28Novの場合は、Wr47で朝方のアスクラエウス・モンス邊りで同じ様な光斑を捉えているが、朝霧の中に際立っている點が少し違っている。大きさは19Novのものより大きく南極冠と同程度、圓形である。Wr47では菫色で輝いているが、他のフィルター(Wr58?)でも見えているようである。ω=082°Wまで追っている。

 エリュシウムは23°Nであるから、ιでは簡單に分からないが、日の出後一時間以内、アスクラエウスなら一時間強であろう。從って、凝結粒の大きな結晶からなる朝雲の可能性があり、日射角が目線とι40°ほどの傾きがある譯だから、前面山腹に形成されているのかもしれない。三角法でどれくらいの傾斜かは計算できると思う。この情報は2Decに入り、直ちにファサードのDirector's Noteで報告したが、勿論ヨーロッパ域で、もう少し早い對應が必要であったかと思う。筆者は17Nov18Nov 當該のω=075°W085°W の角度で觀測しているが(他に23 Novω=066°W)、輝點は見ていない。この點でAk氏の18 Nov (λ=301°Ls) ω=078°W, 088°WでのB像は氣になる。

 尚、夕方の山岳雲の觀測は豊富だが、衝後の朝方の山岳領域の朝霧や雲について觀測を今後計畫する必要があろう。

 

φは極値を示しているが、北極雲は可成り目立っているので大きく活動的になっていると思われる。EVl氏の19Nov(λ=301°Ls)ω=054°Wの像ではマレ・アキダリウムの上に好く張り出している。Ak氏の同日Bω=062°Wにもこれは好く顕れている。20Nov(λ=302°Ls)EVl氏のω=048°Wでも顕著である。反對側ではDPk氏の22Nov(λ=303°Ls)ω=250°W~261°Wでアエテリアの暗斑を半分隠すほどになっている。また、DPk氏の25 Nov (λ=305°Ls) ω=220°W232°Wにも好く出ている。北極雲からクリュセへの流れとしてはMo氏の24 Nov (λ=305°Ls) ω=013°W019Wがいい。

 

:視直徑が小さくなって、小さい南極冠の描冩は難しくなったが、DPk氏の18 Nov (λ=301°Ls)前後の良像を見ると、南極冠の周りにときどきボヤケが出ているようである。MVl氏の24 Nov (λ=304°Ls) ω=021°W26 Nov (λ=305°Ls) ω=357°Wの南極冠にはゴーストと思えないにじみが出ている。ヴァイキングの影像ではλ=297°Lsでは未だ殘留極冠にはなっていなくて、Ω=000°Wの方向に何か殘っている。

 

ワインカラー地について-22 Novの影像南半球の暗色模様の多くがワインカラーに見えることは黄塵の沈着と共に何度も指摘しているが、代表して、今回はDPk氏の22 Nov (λ=302°Ls)ω=250°W253°W256°Wを挙げる。マレ・クロニウムからティフュス・フレトゥムのワインカラー地が好く出ている。ToUcamのカラーでもこれは可能だと思うが、同じ日のロエル(ERl)氏のω=217°WRTm氏のω=232°Wではこの違いが表現されない。また、ソリス・ラクスの邊りでも同じ様な現象がみられるはずだが、DPc氏の26 Nov (λ=305°Ls) ω=126°WLRGB處方のため、暗色模様IR系になって、色のニュアンスが出ない。いまどきLRGBを火星に使うのが解せない。

 

パーカー氏像に見るアウソニア-ヘッラス領域DPk氏の18Nov(λ=301°Ls)ω=287°W293°W297°Wの畫像は南半球高緯度のワインカラーの他、δ=12.8"にも係わらず、トリナクリアからアウソニア、ヘッラスに掛けて詳しい描冩をしている。二ヶ月前の同じくDPk氏の8 Sept (λ=257°Ls) ω=287°W畫像と比較をすると、ヘッラス内部に陰翳が増している(ゼア・ラクスなど)のが分かるし、トリナクリアとヘッラスの境も陰翳が増している。ただ、#14 (CMO#279)で指摘した3SeptJDjの像や、14SeptEGfの像と比べるとどれ程の違いが出てきたかは餘り定かではない。尚、8Sept18Novではιが約30°の違いがあって、地方時が違うので、同じ地方時で朝方も比較しておく。ヤオニス・レギオが稍明白になっているかも知れない。

 

ヴァレッル氏のヘッラス觀察JWr氏は16 Nov (λ=299°Ls) ω=027°W18 Nov (λ=301°Ls) ω=351°W19 Nov (λ=302°Ls) ω=334°W357°W21 Nov (λ=302°Ls) ω=322°Wとヘッラスの夕方を撮っていて面白い。サイズは小さいが、色が綺麗で珠玉という感じである。特に、16Novの像は色が豊富に出ていて、クリュセの朝霧も見える。尚、21NovB光は面白いが、暗色模様が出過ぎであろう。

 

フラッサチ氏の17Novの觀測17Nov(λ=300°Ls)ω=201°WMFr氏のスケッチには前回報告のターミネーターからの飛び出しが觀測されている。場所も同じアウソニア-ヘッラス境界邊りにあり、同じ現象が起こっていると思われる。但し、前後の追跡の報告が無いのは殘念である。まだ、アウソニア邊りに顕著な白雲が見られるが、この印象は十日ほど前の印象とは隔たりがある。

 


・・・・・・次回は1 December (λ=308°Ls) から15 December 2003 (λ=316°Ls, δ=9.7")迄の半月間をレヴューする。


Turn to the English version /Back to the CMO #284 / Back to the Façade