22

nd Report:

2004年一月前半(1 Jan ~ 15 Jan)の火星面觀測

The CMO/OAA Observations made during the fortnight period from

1 January 2004 (326°Ls) to 15 January 2004 (334°Ls)


21st Reportを参照するにはここをクリック


An OAA Mars Section article to be published in CMO #287 (25 January 2004 issue)


  (Masatsugu MINAMI, Director of the OAA Mars Section)


・・・・・・今回は新年一月の上半期をレヴユーする。季節はλ=326°Lsから334°Lsまで、まだ南半球の秋分までは間がある。中央緯度φ26°Sから25°Sで南半球中心、殘留南極冠はこちら向きだが、視直徑δ8.4"から7.6"に落ちて難しい。位相角ιはまだ42°から41°で深い。視赤緯は北へ移っているが3°後半から7°で低い。

 

♂・・・・・・年が改まって、火星は去ったという感じか、觀測者數は急に減少している。シーゲル(ESg)さんは暖かいニュージーランド旅行のため一月はお休み。

 

    

AKUTSU, Tomio 阿久津 富夫 (Ak)  栃木・烏山 Karasuyama, Tochigi, Japan

            6 Sets of CCD Images (+2 IR image) (1, 4, 10 January 2004)

                                       f/33×32cm spec with a Bitran BJ-41L

    

IWASAKI, Tohru   (Iw)  小倉 KitaKyushu, Fukuoka, Japan

       16 Drawings (1, 4, 5, 8, 11 January 2004)   400×21cm speculum

    

KUMAMORI, Teruaki 熊森 照明 (Km)  Sakai, Osaka, Japan 

           11 CCD Images (6, 7, 9, 10 January 2004)  f/40×60cm Cass# with a ToUcam

                                                         #ソフィア堺天文臺 Sakai City Observatory

    

MELILLO, Frank J  フランク・メリッロ (FMl)  紐約 Holtsville, NY, USA

           1 Red CCD Image (10 January 2004) 20cm SCT with a Starlight Xpress MX5

    

MINAMI, Masatsugu 南 政 (Mn)  福井 Fukui, Fukui, Japan

           37 Drawings (4, 5, 6, 9 January 2004) 480, 600, 630×20cm F/12 ED Goto refractor

                       福井市自然史博物館屋上天文臺 Fukui City Observatory, Fukui

    

MORITA, Yukio 森田 行雄 (Mo)  廿日市 Hatsuka-ichi, Hiroshima, Japan

           15 Sets of CCD Images (+ 1 IR image) (1, ~5, 14  January 2004)

                                         25cm spec equipped with an ST-5C

    

MURAKAMI, Masami 村上 昌己 (Mk)   横濱 Yokohama, Kanagawa, Japan

       8 Drawings (1, 6, 7, 15 January 2004)  320×20cm speculum

    

NAKAJIMA, Takashi   (Nj)  福井 Fukui, Fukui, Japan

            3 Drawings (4  January 2004)   480, 600×20cm F/12 ED Goto refractor

 福井市自然史博物館屋上天文臺 Fukui City Observatory, Fukui

    

PARKER, Donald C ドン・パーカー (DPk)  佛羅里達 Miami, FL, USA

            9 Sets of CCD Images (4, 6, 14, 15 January 2004)

                                f/59×41cm F/6 spec equipped with an ST-9XE

    

PEACH, Damian A デミアン・ピーチ (DPc)  Loudwater, Buckinghamshire, UK

            3 Sets of CCD + 3 IR images (6, 13 January 2004)

 f/31×28cm SCT with ATK-1HS

    

TATUM, Randy  ランディ・テータム (RTm)  Richmond, VA, USA

            1 CCD Image (1 January 2004)  25cm spec (F/12)  with a ToUcam

 

 

Van Der VELDEN, Erwin アーウィン・ヴァン・デア・ヴェルデン(EVl)

  澳大利亞 Brisbane, Australia

            2 CCD Images (1, 5 January 2004) 

 f/29×23cm SCT with a Vesta Pro modified

 

    

WARELL, Johan  ヨハン・ヴァレッル (JWr)  亞利桑那 Tcuson, AZ, USA

       3 Sets of CCD Images (6, 7, 10 January 2004)

 f/24×25cm SCT with a ToUcam

 

 

・・・・・・十二月黄雲の影響12 Dec (λ=315°Ls)に發現したクリュセ黄雲(13 Dec パーカー(DPk)が捕捉)は南半球に入って東側に明るいコアを幾つか齎したが、18 Dec (λ=318°Ls)邊りがピークで24 Dec (λ=321°Ls)邊りでは地上擾亂は減って行った。それでも未だ年末になっても上空を覆う浮遊黄塵が強く、シヌス・メリディアニなども明確でない程であった(例えば宮崎(My)氏の30 Dec (λ=325°Ls) ω=021°Wの畫像參照)。年が改まって、1 Jan (λ=326°Ls)には阿久津(Ak)氏がω=300°W~354°W、森田(Mo)氏がω=347°W~017°Wではヘッラス内に黄塵が餘計に溜まっている様に見えるので動きは少ないようである(ι=42°で、この効果もあるが、充分内に入ってもダスティ)。筆者(Mn)5 Jan (λ=329°Ls)ω=301°W311°W等の觀測ではヘッラスの北部が明るいのが見えている。6 Jan (λ=329°Ls)ω=301°W311°Wでも同じ、ヤオニス・フレトゥムがハッキリしている。この時点で、この方面には黄塵を思わせるような輝點はない。但し表面は充分黄色いかクリーム色。ヘッラスの北部の明るさについては村上(Mk)氏が6 Jan (λ=329°Ls) ω=311°W7 Jan (λ=329°Ls) ω=281°Wで指摘している。8 Jan (λ=329°Ls)ω=320°Wの岩崎(Iw)氏の觀測でも同様で、東部と北部が、「鈍く明るく白くはなく稍黄色み」。シヌス・メリディアニはファン・デア・ヴェルデン(EVl)氏の1 Jan (λ=326°Ls)ω=002°Wで特有の形が可成り明確になって來ている様であるが、まだ上空全體は淡い黄雲で覆われている。岩崎氏もω=009°W019°Wで見えているようだ(こう濃くはあるまい)。福井の4 Jan (λ=328°Ls)でも(シーイングの所爲もあり)シヌス・メリディアニは殆ど見えなかったが、5 Jan (λ=329°Ls)にはω=358°W008°W等でやっと捕捉できた程度である。マレ・セルペンティスはMo氏の30 Dec (λ=325°Ls)ω=002°W~056°Wと比べると、2 Jan (λ=327°Ls)ω=337°W347°Wでは濃淡に違いがあって少し濃く回復しているようにも見える。筆者の6 Jan (λ=329°Ls)ω=330°Wの觀測ではマレ・セルペンティスが太く見えていて、CPlEGf16 Dec (λ=317°Ls)邊りの黄塵(前回報告)に餘り影響されていない様だとノートしている。以下、ω=340°W350°Wと觀測。他に熊森(Km)氏の6 Jan (λ=329°Ls)ω=330°Wの良像參照。然し、ピーチ(DPc)氏の13 Jan  (λ=333°Ls) ω=353°Wと比較するとマレ・セルペンティスは再び弱くなっているようでもあり、動きがあるのかも知れない。尚、Km氏の9 Jan (λ=331°Ls)ω=259°W10 Jan (λ=331°Ls)ω=246°Wを見ると黄雲の影響の所爲でマレ・キムメリウムの東半分は弱くなっているかも知れない。DPk氏の13/14 Jan (λ=333°Ls)ω=093°W109°Wにはソリス・ラクスがCMにあるが、稍痩せ形で黄塵の影響を遺し、また15/16 Jan (λ=334°Ls)ω=074°W079°Wに據るとアウロラエ・シヌスが分離されるぐらいカプリ・カスマ邊りに多分falloutによるか、渓谷に黄塵が溜まっている様である。

 

・・・・・・トリナクリア:像は小さくなったが、トリナクリアの邊りの様子が幾らか分かる畫像が出ている。Ak氏の4 Jan (λ=329°Ls)ω=330°WKm氏の6 Jan (λ=329°Ls)ω=304°W310°W7 Jan  (λ=329°Ls) ω=282°W297°W9 Jan (λ=331°Ls)ω=273°W等である。2003年の形状を遺していると思われる。眼視では筆者やIw氏は夫々6 Jan (λ=329°Ls)ω=282°W291°W (ω=301°Wでは薄暗く見える)11 Jan (λ=332°Ls)ω=271°W287°Wなどで分離している。

 

・・・・・・オリュムプス・モンスDPk氏の4 Jan (λ=328°Lsφ25°S)ω=182°WにはRでオリュムプス・モンスの頂上が暗點で、その取り巻きが明るく出ているのではないかと思う。6/7 Jan (λ=329°Ls)ω=159°W166°Wにも出ている。この像にはその西方に小黄塵が立っているかも知れない。

 

・・・・・・北極雲:依然中央緯度がφ=25°S~26°Sであるから、北邊の様子を窺う事は難しく、北極雲の境界を描冩しているものは數少ない。Km氏の60cmでは6 Jan (λ=329°Ls)ω=304°W~330°W10 Jan (λ=331°Ls) ω=246°W等で明らかに北極雲の姿を捉えていると思う。筆者は6 Jan (λ=329°Ls)ω=311°Wで北極雲の縁取りが出ていると見ている。DPk氏の13/14 Jan (λ=333°Ls)ω=093°W109°W15/16 Jan (λ=334°Ls)ω=074°W079°Wには北極雲の内部構造が見られる。

 

・・・・・・南極冠φ25°Sであり、殘留南極冠は常に存在するはずであるが、

http://homepage3.nifty.com/~cmohk/coming2003/15.html

視直徑δ7"臺に落ち、更に未だ天の赤道を越えたばかりであるから視野内の像は悪い。福井では5 Jan (λ=329°Ls)ω=282°W291°W等で検出しているし、9 Jan (λ=330°Ls)ω=267°W276°Wでも見えている。但し輝かない。南極冠を撮し出した像は見當たらない。多分、陽にccdで示したのは前號に引用したようにDPc氏の18  Dec  (λ=318°Lsι=42°)ω=239°W~263°Wが最後になるかも知れない。

 

・・・・・・タルシスに白霧: DPk氏の13/14 Jan (λ=333°Ls)ω=093°W109°WB像にはタルシス地方北部に白霧が出ているように見える。翌15/16 Jan では朝方に移って不明確。白霧がCM附近に現れるのは浮遊黄塵の消失を意味してくる。

 


・・・・・・次回は16 January (λ=334°Ls) から 15 February 2004 (λ=350°Ls, δ=6.2")迄の一月間をレヴューする。


Turn to the English version /Back to the CMO #287 / Back to the Façade