理系大学生のための「太陽研究最前線体験ツアー」 スケジュールと講義資料(2017年度)
3/19(月)国立天文台
13:00集合
講義「太陽物理学入門」「シミュレーションで探る太陽」横山 央明
講義「国立天文台での太陽研究」勝川 行雄
休憩、フレア望遠鏡見学、CLASP見学
18時過ぎより夕食(懇親会)
3/20(火)
9:00集合
講義「ALMAによる太陽観測」下条 圭美
三鷹キャンパス見学
昼食の後、宇宙科学研究所に向けて出発
宇宙科学研究所
宇宙科学研究所の紹介
講義「太陽観測衛星ひのでと2020年代の宇宙からの太陽観測展望」清水 敏文
講義「スペース太陽観測の装置開発」坂尾 太郎
実習:データ解析体験
所内の見学
3/21(水)
11:15 飛騨天文台へ出発
到着後、ガイダンスの後、懇親会
3/22(木)
飛騨天文台
(*)講義「太陽を調べる光の目」 一本 潔
(*)講義「Faraday tubeで読み解く磁場の「形」と安定性」 永田 伸一
(*)施設見学 (*)の順序は天候による
19:00から夕食・懇親会
3/23(金)
8:45 名古屋大学へ出発、13:00到着後に昼食
14:00から
講義「宇宙天気と宇宙気候: 太陽活動を予測する」草野 完也
講義「太陽フレアにおける粒子加速」増田 智
宇宙地球環境研究所の紹介と見学
質問コーナー、懇談会
17:00 解散
戻る